災難日

家事中にこのようなことを思わなかった。
瞬間に発生したことだった。
做家事時瞬間發生的,完全在意料之外。

流し台の上に水切りにしているグラスが積み重なったせいで不安定かもしれない、流し台に落ちた。反射的に空中に受け取るため、手をのばした。不意にグラスが流し台の縁にぶつかって割れた。指が飛び散った破片に切られちゃった。
把剛洗好的碗盤放在流理台上方晾乾,也許是堆疊的關係,在最上方的玻璃杯地就這麼掉了下來,反射式的反應,自然地伸出手準備在玻璃杯掉到流理台前先把它接起來,沒想到玻璃杯掉到流理台之前,先撞到流理台邊邊,碎裂飛濺的玻璃碎片,割破了等著接杯子的手。

一瞬、流し台に洗われている茶碗、皿など、私の服、床、壁にあっちこっち真っ赤になって、私は愕然として色を失ってしまった。
瞬間,流理台裡剛洗好的碗盤、衣服、地板及牆壁上一片血紅,看到這一幕的我驚怕失措。

ただ2秒ぐらいかなあ?
すぐ気がづいて、傷の大きさやどこにあるのも知らず、少し水で赤い手を洗い、キッチンペーパーを何枚取って何本の指を抑えながら、半時間ほど手をあげたままのを保持した。出血が止まったような気がした際、傷口の状況を確認した。傷が長くて深い、開口して笑っているようだった。ちょうどお昼クリニックの休憩時間帯なので、自分で傷薬で傷口を消毒してから、絆創膏を貼り、処理した。まだ様子を見てみようと思った。
大概過了兩秒左右吧?
立刻回過神來,不知道傷口大小,也不知道到底傷在那裡,稍微用水沖了一手後,抓著幾張廚房用紙巾就一起壓住了幾根手指,甚至把手舉高約半個小時左右。自己覺得血已經止住了,才開始確認傷口的狀況。傷口有點長,似乎也很深,呈現開口笑的樣子。這時間正好是診所的中午休息時間,就先清潔並消毒傷口後,貼上OK繃。就先這樣看看狀況再說吧。

2時間後、痛みが全然和らがなく、さらに指先がもっと痺れた。絆創膏を剥がしたら、激痛におそわれ、やばい状態だった。クリニックの午後診療はもう始まったので、子どもが部活から帰る前にクリニックに行ってきた方がいいよね。
2個小時後,傷口的疼痛毫無緩和之象,指尖甚至於越來越麻沒有感覺。拆開OK繃,一陣痛楚隨之而來,似乎狀況更糟了。眼看診所的看診時間已經開始,就下定決心趕在小朋友從學校回來之前,先到診所給醫生看一下比較安心。

平日の午後の関係かも、受付の手続きをした後、まもなく看護師に呼ばれ、診療室に入った。
医者さんが傷口を見た途端、これは脂肪が出てきたのでもう縫わないとならない程度って。クリニックに来る前にもう覚悟したので、安易に受け止めた。2針か3針ぐらい長さ。医者さんが縫いながら、組織が弱いと文句を言い、どんどんイライラしてきたらしい。
ぐらす破片よりの損傷なので、傷口がめっちゃくっちゃになったのが想像できる。何回針を通したところがすぐ裂けちゃったみたい。
也許是平日的午後,掛號後沒等多久,就被護士叫入診間了。
醫生才瞄了一眼,就馬上告知脂肪都跑出來了,得縫才行。其實打定要來診所之前早就做好心理準備了,所以也順其自然地接受。傷口大概是2針、3針左右的長度。醫生一邊縫一邊唸著表皮組織太脆弱了,感覺越來越不耐煩。
因為是由玻璃碎片割傷,造成的傷口成不規則形狀,原本就是可以想像的。似乎,每回針一穿過,傷口就又裂開。
d0057071_11213618.jpg
明日はもう一度傷口を確認してもらって、問題なければ1週間後、抜糸したらいい。
災難日の1日はまだ終わってない。クリニックを後にして、日常用品を買うため、ドラッグストアに寄って行って、パタパタしてクレッジカードで支払った後、すぐ帰宅した。
明天再去確認一次縫好的傷口,沒問的話一週後拆線。
不過,災難的一天還沒結束。在診所處理完傷口後,為了購買日常生活用品,就順路到藥粧店,刷卡付費後,就急急忙忙地趕在弟弟到家前趕緊回家。

後ほど、スーパーで買い物した時にカレッジカードをなくしたことに気づいた。一度どらに戻って確認してもらったけど、録画を確認した結果は私が返したクレッジカードと領収書を持ち、お店を出たと言われた。領収書とポイントカードはもう財布におさめたのに、なぜクレッジカードがなかったか?本当に不思議。仕方ないので、銀行にクレッジカードの紛失の連絡を入れ、なくしたクレッジカードを使用停止し、新しいクレッジカードを再発行してもらった。

今日は災難の一日だったよね。
はーあ、疲れた!

之後,到超市買東西時才發現先前使用的信用卡不在皮包裡,趕緊再回剛才的藥粧店確認,店家在確認錄面影像後,確認信用卡已經和收據及集點卡交給老媽子,老媽子沒立刻收入皮包中。但是,收據及集點卡都收入皮包中,但為什麼獨獨不見信用卡?真是不可思議。沒辦法!立刻連絡發卡銀行停卡,同時再補發。
唉~~今天真是倒楣的一天。
累斃了解!!



by linyenhua | 2018-05-16 23:34 | 老媽子的雜記